八甲レジャーフィッシュパーク

スポットのご紹介

平地で育むアユの王国

「八甲レジャー漁場」は元の名を「八甲魚錦鯉養殖場」と言い、敷地面積は2.2ヘクタール、水の故郷として知られる宜蘭県員山郷に1989年に設立されました。1997年からアユの養殖へと転身を開始し、さらに荘圍郷に広さ6ヘクタールの漁場を借り受けて経営を拡大しました。当時台湾ではアユの生産量の9割がすべて宜蘭に集中しており、「八甲」は年間生産量が100トンに達する台湾で最大の生産量を誇る養殖場でした。後に続々とクチマガリ、鱘龍魚(オセトラ)の養殖を開始しました。「一郷一レジャー農業・漁業園区」政策推進のもと、2003年にテーマレストランが設立され、正式名称を「八甲レジャー漁場」へと変更しました。現在漁場内ではタイワンキンギョ、チュウゴクメダカなどの数多くの淡水の原生魚類の繁殖と育成が行われています。同時に人々が拾って来た数多くのワニガメ、アカミミガメなどの外来種も飼育されています。また漁場の特殊な環境から、周辺エリアには通年をとおしてコサギ、ゴイサギが生息し、その数は2,000羽に達します。加えて冬になるとコガモ、クロヅルの群れが見られる豊かな生態資源があります。鳥や魚の鑑賞に格好の場所であり、休日のレジャー、豊富な魚介類の料理を楽しめる人気スポットです。

八甲休閒魚場
養殖産業
TOP