橙色農作レジャー果樹園

スポットのご紹介

草生栽培でフレンドリーな耕作  茂谷ミカンのフェイスマスクで入浴でも超リラックス

雲林県林内郷ではとても魅力的な自然の景色を楽しめます。烏塗村の田舎の小路を抜けて農業窯炉の無尾巷に進むと、「橙色農作」の看板が見えてきます。入口では3体の可愛らしいかかしが出迎えてくれます。身をひるがえして果樹園に進むと、茂谷ミカンの果樹の群れが両側に2つに分かれて植えられています。高くそびえるライチのおじいさんが後方で待ちながら、お客さんに挨拶しています。3個所の田園の造型はそれぞれが創意にあふれ、まるで農村でのパーティーが間もなく開かれることを予告しているかのようです。

オーナーの林秋福さん、張速燕さんはもともとアパレル業に従事していました。職業的本能から視覚的な美感にこだわりがあるため、木製の台に掛けられた伝統的な花のプリントされた布にも、特色のあるインディアン風テントも、シンプルでありながらアイディアが失われていません。インストレーションアートのほかにも、優れた田畑を恵んでくれる大地に感謝するため、二十数年前からフレンドリーな耕作方法を採取しています。除草剤を使用せず、良い草が目を出して悪い草を退散させるため、ワラやサトウキビの葉を敷き詰めることで草生栽培を行っています。果物と昆虫や鳥や動物との共生を恐れず、自然の生態をかえって新たなハイライトとしています。

半日農家で収穫の喜びを感じる  田畑をゆっくりと歩く快適なスローライフ
「橙色農作」レジャー果樹園の敷地面積は約1.5甲(約1.45ヘクタール)の広さがあります。茂谷ミカン、ネーブルオレンジ、フレモントオレンジとマンゴー、ドラゴンフルーツ、ライチなどを栽培しています。土地に優しい理念にこだわり、1年の季節のうち春には園全体の土地を休ませ、様々な果物が夏秋冬に交代で出陣しています。

農場を訪れると斗笠をかぶって半日農家に変身し、果物狩りの楽しさを体験して、その場で収穫しその場で食べることができます。茂谷ミカンにカキの殻のパウダー入り「マスク」を吹き付けて日焼けを防止したり、摘みたての果物を乾燥洗濯機の「お風呂」に入れたり、ベルトコンベアーで桃のサイズを選定しては箱詰めした入りを見れば、収穫の喜びを感じることができます。

一番快適なのは、田園で過ごすスローライフにほかなりません。そよそよと風が吹く中で甘くおいしいドライフルーツを味わい、甘いドラゴンフルーツジュースを楽しむ。のんびりと園内にある80歳以上になるライチのおじいさんやおばあさんを尋ねたり、自然が創り上げた牛の頭や龍の体を探しに行くこともできます。またスクリーンの中に設置されたギターを手に軽快なリズムを奏でれば、恥ずかしがり屋のズグロミゾゴイが演奏に耳を傾けに姿を現すかもしれませんよ。

稻草、吉他佈景在果園顯得特殊又輕鬆。 主人家夫婦林秋福、張速燕原是服飾業者,佈景充滿巧思。
果物
茂谷柑「洗澎澎」,令遊客共享收成喜悅。 主人家夫婦林秋福、張速燕栽植水果自產自銷,背後「荔枝爺爺」是果園招牌亮點。
遊客到此可化身農夫體驗採果樂。 茂谷柑餅、各式果乾、果乾很受顧客歡迎。
TOP