曹家花田香

スポットのご紹介

古の時が流れる花農家の人々

「曹家花田香」は陽明山竹子湖地区に位置しています。清王朝時代から、この広さ千坪に達する棚田の約3分の2がすべて曹一族が開墾したもので、今に至るまで200年の歴史があります。観光向けの花畑へと転身後、土地を維持するため一部の農業を残しているほかは、大部分の面積でアジサイ、ホウセンカ、サクラ、ペルシャ菊などの各種の花卉を栽培しています。花の季節の盛大で華やかな花畑の場面は、いつも帰り難くさせるほどの美しさです。
ここを訪れたなら、異なる季節の特色ある草花を摘むことができるほか、小さな盆栽セットや花束のDIY,ドライフラワーのデザインと数量限定の花のシリーズによる手作りクッキーの作製など、様々なフラワーアートによる創作体験を楽しむこともできます。このほか農園のオーナーは花畑のそばにある「資材室」に、特別に銭櫃(昔の商店で使用していた背の低い入れ物)、皿や碗や蓄音機などの多くの昔ながらの用品を展示しています。人工のわらと伝統的なコンクリートで建設されたレトロな雰囲気の農家の面持ちが組み合わさり、ここを訪れて遊べば花を観賞するほか、時を超えた懐かしい趣を感じることができます。

場域內環境 場域內環境 花束DIY、乾燥花設計 不同季節的特色花卉
花卉
TOP