哈哈魚場

スポットのご紹介

笑い声の中で「魚を釣り、エビを捕え、ハマグリを拾う」養殖池の生活を体験する

彰化県は台湾のハマグリの三大生産エリアです。斗苑休区、漢宝専業養殖区に位置する「哈哈魚場」もハマグリの養殖からその名を名付けました。また白エビ、サバヒー、ヘダイなどの魚やエビの混合した飼育による養殖を行っています。オーナーの陳明瞭さんは、海水による養殖を採用しているため養殖池の生態は良好で多様性があり、安定した食物連鎖の環境があることを強調しています。これこそ養殖した貝類や魚やエビが肥えて美味しく健康である、まさにカギとなる主な要因だからです。
養殖池のほか、「哈哈魚場」では参観と体験も開催しています。ここを訪れれば陳明瞭さんが心を込めて計画した、水に触れて「ハマグリ広い」、「漁夫の魚釣り」、「蛇籠でエビを捕まえる」などの特色あるイベントに参加できます。自分自身で扱ってみることで、漁師の仕事をしっかりと理解し様々な魚を捕えるための工具の利用方法を理解できます。このほか陳明瞭さんの親切で生き生きとした説明とガイドのもと、笑い声に満ちた気軽な雰囲気の中で、さらに一歩進んで地元の河口の生態を理解できます。またその場で「尚青(新鮮な)」魚のスープを楽しみ、新鮮で活力エビ、元気エビなどの漁場の特産品を購入したりして「一日漁師」の生活を楽しめます。

null null null null
養殖産業
TOP