向禾レジャー漁場

スポットのご紹介

豊かな湿地の生態と多元的な漁業体験が楽しめる海賊の村

「鰲鼓湿地森林園区」内に位置する「向禾レジャー漁場」は、もともとハマグリを養殖する伝統的な養魚場でした。南側には土手があり、六腳大排水溝に通じ、鰲鼓湿地と洪水貯留池に隣接しています。このため木工手芸を得意とする蔡恭禾さんは「故郷に戻り漁業に従事」した後、生態環境と安全な魚介類の生産を兼ね備えた「低炭素、低電力」の自然な養殖モデルを採用しました。養殖池内で虱目魚(サバヒー)、呉郭魚(ティラピア)、芝エビ、ハマグリ、巻き貝などによる食物連鎖と生態システムを採用しているほか、池のほとりにはマングローブを植え、アメリカハマグルマなどの耐塩性、耐風性を持つ植物を土手に栽培することで、大量の昆虫と鳥類が生息する豊かな自然の生態が育まれています。
2011年より、清王朝時代の海賊である蔡牽の面白い伝説と結びつけ、「海賊村」をテーマとして全体の漁場を創り出しました。またガイドと解説、漁業体験、環境教育などの関連イベントも開催しています。「蔡牽海賊村」(向禾レジャー漁場)を訪れれば、オーナーが心を込めてデザインした船漕ぎ遊び、海藻拾い、魚釣り、潮干狩り、カキ焼きなどの旅のプログラムで豊かな漁村の旅を深く感じることで、大人も子どもも楽しめます。

向禾擁有豐富的生態和棲地型態生態環境 場域提供體驗的項目非常多樣,烤蚵、摸文蛤、釣魚等… 現烤文蛤體驗 海菜周邊商品
養殖産業
TOP