仙湖レジャーファーム

スポットのご紹介

桂圓(乾燥リュウガン)とコーヒーの香り漂う農家

「仙湖レジャー農場」は阿里山山脈の支脈である崁頭山の独立した山頂に位置し、海抜約277メートルからの絶好の視野を楽しめます。遠くに嘉南平原を眺め、地元の集落と盆地の景色を心行くまで目に納めることができます。毎年11月から翌年の5月にかけては、気温が下がるだけで周囲の山や谷は霧に囲まれ、農場の山頂だけが露出する特殊な景観となり、超然としてまるで湖畔の孤島にある仙境のようになります。これこそまさにファンタスティックな「仙湖」の名前の由来でもあります。
200年ほど前にここに開拓に訪れた先人たちは「放伴互相(互いに持ち回りで助け合う)」精神を堅持し、森林の資源を運用して小屋を建て、田畑を開き、炭を作り、桂圓(乾燥リュウガン)を燻してきました。この土地にすでに6代目となる農場のオーナーの呉さんの家族は、代々農業を営むだけでなく、敷地面積52ヘクタールの農場に各種の野菜や果物を栽培しています。また200年桂圓(乾燥リュウガン)の製造技巧を受け継いできたほか、コーヒーの木の栽培とコーヒー豆の焙煎の新たな事業を開始しました。代々受け継がれてきた「人と土地の共生」の信念のもと、次々と印象深い農業芸術体験イベントを開催し、積極的に「農作業と生活」の自然とすばらしさを人々にシェアしています。

仙湖地理環境特殊,可瞭望山頂四周360度的山景 烘焙龍眼乾 龍眼桂花釀 使用手工採摘 一顆顆將暗紅的咖啡豆
果物
コーヒー
TOP