鴻旗有機レジャーファーム

スポットのご紹介

合鴨農法とパイナップルの甘い香り漂う優れた農園

屏東県の高樹水源水質保護区に位置する「鴻旗有機レジャー農場」は、敷地面積が15ヘクタールの広さに達します。農場のオーナー許天来さんは教育業界から退職後、オーガニック農業に全力を尽くしています。汚染されていない山の泉の水資源と認証を通過した肥沃な土壌で「合鴨農法」を行うほか、稲鴨有機米を生産しています。また嘉義農業試験所の指導のもとでパイナップルの栽培もおこなっています。長年にわたり異なる季節に異なる品種のパイナップルを生産しているだけでなく、農場でのパイナップルの生産期間を通年とすることに成功しました。生産されたパイナップルの品質は市場から高い評価を受けています。
同業者から「パイナップル先生」と呼ばれる許天来さんは、オーガニックの理念を推進するため、生産型であった農場をレジャー農場へと転換しました。農場の参観を行っているだけでなく、オーガニック農場のガイドと解説も提供しています。また田植え、除草、パイナップルの収穫などの生産体験や米挽きDIY、餅つき、パイナップルの豆鼓醤などの加工イベントも開催しています。「鴻旗」を訪れれば、大人も子どももみな「食べることでの健康」、「生きていく希望」の農場の新たな概念を深く実感できます。

場域內生產鳳梨區 水果類伴手 稻米專區 稻鴨有機米
果物
TOP