梅花湖レジャーファーム

スポットのご紹介

豊かな生態、多元的なイベントが楽しめる田舎の農場

敷地面積1万坪以上の「梅花湖レジャー農場」は、日本統治時代にはレンガ工場でした。梅花湖周辺で採取された粘土を焼成して赤レンガを生産し、台湾の建築に必要な建材を提供していました。後に電気料金の値上げと粘土が得られにくくなったことから、地元の雨の多さと豊富な地下水を運用できる優位性によりマガモの養殖場へと転身しました。それに伴いGMP薬品工場と提携してワサビノキを植樹しました。またレジャー農場への転身に伴い、園内でオーガニック野菜を栽培し、オレンジを植えるようになりました。同時にヒノキの風格ある宿舎を建設し、現代的なヨーロッパスタイルの客室を提供しています。現在まで続く経営の中で、多元的な建築スタイルを留める外、環境を大切にすること、積極的な農村ライフの推進にこだわっています。農村での生活を感じ、食農教育を理解するための素晴らしい選択です。
農場内では可愛らしい動物やマガモ池と豊かな昆虫の生態を観賞できます。それからオーガニックの野菜園や果樹園、焢窯場(土窯)、バーベキューエリア、キャンプ場などでも各種体験が行われています。最近では米料理の研究開発に参入し、「農村の厨房」イベントを推進しています。「旬を食べ、地元を食べる」の理念により、「菜園から食卓へ」の農家の飲食の美学を感じ、さらに進んで大自然が与えてくれる「シンプルながら豊かな」心の感動を感じてもらえるよう願っています。

梅花湖休閒農場場域內環境 場域內蔬菜園 農村廚房-洗菜挑菜 體驗「從菜園到餐桌」飲食美學
野菜
TOP