福楽レジャー漁村

スポットのご紹介

食べて遊んで。すばらしく面白いカラスミの家

カラスミの養殖で広くその名を知られる「福楽レジャー漁村」の園内にある養殖池は、広さ2ヘクタールに達し、魚の他にも様々な種類の小型の白エビを飼育しています。漁場のオーナーの郭宮宝さんはかつてカラスミ生産販売班の班長を長年にわたり務めてきました。また「神農賞」受賞の信頼を獲得しています。近年では「田媽媽」レストランの経営と豊富な生産販売班での経験を結び付け、積極的に食農教育を推進していることから、国内外の数多くの団体がここを訪れています。
ここを訪れれば、各種の新鮮なカラスミを主役とした看板料理を味わえるほか、プロフェッショナルなガイドによりカラスミの生態を知るチャンスも見逃せません。同時に豊かな体験イベントで「養殖池から食卓へ」のプロセスをしっかりと理解できます。カラスミの餌付け、投網での魚の捕獲、カラスミを洗う、カラスミを干すなど、どれもとても印象深く、大人も子どもも楽しめます。
このほか「漁夫の生活体験」の後には、漁場で研究開発し生産されているカラスミのでんぶ、カラスミの香辣醤、カラスミのQ餅などの特色ある製品を購入できます。地元を代表する物産であるだけでなく、新鮮でおいしく、贈り物と自分用のどちらにもとても適しています。

福樂休閒漁村場域環境 烏魚子風乾及日曬的過程 烏魚養殖區導覽解說 最新鮮最好吃的在地料理
養殖産業
TOP