沐心泉レジャーファーム

スポットのご紹介

花々が花開く、心も体も癒される山の庭園

「沐心泉レジャー農場」は海抜約600~900メートル、中心地の面積は8ヘクタールを超え、南には酒桶山を望み、西には遠く台中港を眺めることができます。東には大雪山が見え、東側と大甲渓流の川床には300メートル以上の落差があります。「素晴らしい景色をシェアし、きれいな土地を残す」の初心に基づき、山一面すべてが緑色の原始の林であるだけでなく、大量の草花を栽培していることでも広く知られています。
特別に修繕された幅4メートルの平坦な道路の両側には、もとからあった草と老木のほか、ヤマザクラ、八重桜、香水桜、マメザクラ、イペ、アブラギリの花、アガパンサス、ワスレグサ、アジサイ、キバナノウゼン、白雪姫などが植えられ、四季を通じて違った草花を観賞できます。同時にプロフェッショナルなスタッフの解説により、カブトムシ、ホタル、紫マダラチョウなどの珍しい昆虫の生態を観察することができます。
また農場の位置が連なる山の峰の上にあることから、早朝には日の出を観賞でき、その日一番の朝日の光のエネルギーを感じることができます。黄昏時には夕日を観賞して、空一面の色鮮やかな霞の優美な美しさを楽しめます。長さ約2キロメートルの歩道に沿ってハイキングしたり、連なる山の起伏に応じて、それぞれ違った角度から俯瞰し眺めることができます。さらに山頂に立てば、山の間の雲海の起伏ある美しい景色を観賞できます。山林に身を置き、大自然の洗礼と癒しによる無限の心地よさを深く理解できます。

場域內植有山櫻花、八重櫻、香水櫻、富士櫻 金針花海 具特色的金針花料理 金針花伴手
花卉
TOP