黒豆園

スポットのご紹介

虫と共存する無農薬の菜園料理のレストラン

看板だけを見ると、桃米生態村内の「黒豆園」は活魚料理を目玉とするレストランだと思うかもしれません。しかし実際には様々な新鮮な食材を、他人から仕入れるのではなく自分たちの菜園から供給している、まさに自家栽培の菜園なのです。オーナーの黄秋田さんはもともと大都市で日本料理の店を経営していました。後に年配の父親の世話をするため故郷に戻り、再び料理をするようになったのです。このようにして「農作業で野菜を植えながら、料理を作ってレストランを開く」経営モデルが始まりました。ここに来た客人たちが安心してテーブルにのぼる、どれも魅力的な料理を楽しむことができるように願っているだけでなく、菜園へも足を踏み入れてくれるよう希望しています。オーナー自らのガイドにより、しっかりと自ら野菜を植え、野菜を摘む田園の楽しさを感じてみましょう。
毎年5月から9月はタケノコの旬です。ここを訪れればタケノコ狩りを楽しめます。さらに採れたての新鮮なタケノコをオーナーに渡して調理してもらえば、「地元を食べ、旬を楽しむ」の満足を感じることができます。11月から12月にはオーナーの親切で面白い解説のもと、マコモタケの生態を知ることができます。胴長を着用して直接田畑に下りて「美人の足(マコモタケ)」を収穫すれば、深く「産地から食卓へ」の味わいを理解できます。

體驗摸摸「美人腿」 體驗親手種菜、摘菜的田園之樂 體驗親手種菜、摘菜的田園之樂
野菜
TOP