馬蹄蛤主題館

スポットのご紹介

新世代の大型ハマグリを育てた神農の水産レジャーパーク

「馬蹄蛤主題館」のレジャーパーク内にある養殖池は敷地面積が3ヘクタールあり、天然で環境を大切にする方法で主にハマグリ、白エビ、カキ、サバヒー、カワスズメなどの魚介類を養殖しており、「馬蹄蛤」の名で呼ばれています。オーナーの曾界崇さんはシジミの養殖の達人であり、1999年雲嘉南海域で絶滅に瀕した貝類の「紅樹蜆(ヤエヤマヒルギシジミ)」(Mangrove Clams)を発見しました。非常に大きく特殊なことから、調理した後もユニークな味わいと触感がありました。このため人工養殖へと発展させる夢を強く抱いたのです。その後藻類を飼料と海水を導入した養殖、既存の魚苗の養殖技術を利用しました。非常に細微で鋭い観察と研究により、種苗と繁殖に適した方法を自ら作り出し、新たな世代の養殖に成功したことで2007年には10大経典神農賞を受賞しています。一般のハマグリと市場でよく見られる淡水シジミとの差別化を図るため、「紅樹蛤(ヤエヤマヒルギシジミ)」の立ち上がり捕食する姿は馬の蹄によく似ていることから、「馬蹄蛤」と名付けられました。
「馬蹄蛤主題館」を訪れたなら、水に入って「ハマグリを拾いながらズボンを洗う(潮干狩り)」のほか、地元の食材の特色を取り入れた馬蹄蛤の味わい料理を楽しむこともできます。さらに食べ終わってきれいに洗った貝殻でアートと創作、手作りの漁村の風情あふれる貝殻の記念品を作ることができます。このほか貝殻のパウダー入り馬蹄蛤シャンプー、馬蹄蛤シャワージェル、馬蹄蛤手作り石けんなどの独自の商品が加わり、全方向から馬蹄蛤を知ることのできる最良の場所と言えます。

馬蹄蛤養殖區以養殖台灣原生種─紅樹蜆為主 場域適合親子同遊 體驗撿馬蹄蛤樂趣^0^ 鹽烤馬蹄蛤特色料理
養殖産業
TOP