好蝦冏男社

スポットのご紹介

伝統を覆した、革新的な養殖方法による安心のエビの郷

「好蝦冏男社」は雲林県の地元の青年が、地下水をくみ上げられ続け生態のバランスが失われた町、口湖郷に戻り創業しました。この土地のかつての輝きを取り戻そうと、8人の1980年代生まれの「冏男(明るい男 )」たちは毅然として故郷に、戻って来たのです。「土地に優しい、天然の養殖」の理念と、魚、エビ、貝類を混合して養殖する方法による毒性フリー、農薬フリーにこだわっています。海水を使用し、薬剤を投入せず、養殖池に小型の自然な生態の循環を創り出すことで、土地の共存共栄のバランスを創り出しています。
ここを訪れれば、天然で新鮮で海鮮料理を楽しめるだけでなく、様々な創意に富んだ面白さ十分の「好蝦体験」でエビの生態を知り、エビの文化を理解できます。さらに「エビで遊び、エビを聴き、エビを食べる」の過程で、新世代の養殖の達人たちによる積極的な生産のほか、食漁教育への参加、レジャー漁業の発展への気配りを深く感じることができます。

好蝦冏男社場域內環境 「好蝦體驗」認識蝦生態 透過自然的烹煮,讓消費者認識食材的真正料理 產地直送,採取急速冷凍及包裝技術,留住食材原始的鮮甜滋味
養殖産業
TOP