農春鎮生態教育農場

スポットのご紹介

囲いのない自然農園の教室

「農春鎮生態教育農場」の敷地面積は約5ヘクタール。2000年、対外的に正式な運営を開始しました。オーガニックによる野菜の栽培、平面でのニワトリの養殖のほか、台湾南部最大のチョウチョ園が設けられています。「農村体験」をメインとして「チョウチョの生態」と結びつけた大自然の教室です。農場は風光明媚で、伝統的な農家の生活と姿が小規模ながらもしっかりと表現されています。実際の生産のほか、一連のイベントにより、大人も子どもも気軽にレジャーを楽しむと同時に、田園の文化資産の貴重さとエネルギーを深く理解できます。ここを訪れれば、オープンスタイルの鶏舎に足を踏み入れてニワトリの群れに餌をやったり、卵を拾ったり、足で泥を踏んで菜園で栽培されている野菜を収穫することもできます。手を動かして土窯を楽しみ、まんじゅうを作ることもできます。さらには特別に設けられた「農具博覧会」の展示エリアで伝統と現代の変遷を理解し、農家の人と文化の風情と特殊な生活経験を感じることもできます。インテリジェンスと感性を兼ね備え、面白さに満ちた農村の小旅行の中で農業と人との関係を理解し、台湾の土地のすばらしさを感じることができます。

場域內呈現出傳統農家生活面貌 菜圃中種菜摘菜體驗 農場自己所摘種的蔬菜養生食材 與雞共舞~撿雞蛋
野菜
家禽/家畜類
TOP