協会紹介

台湾レジャー農業発展協会は、1998年人民団体法による非営利組織(NPO団体)として設立されました。農業の向上とレジャー農業の発展、またLOHAS農村の構築を目標に、会員はすでに200ファームを越えています。第一期理事長に飛牛牧場の施尚斌氏、第二・三期理事長にシャングリラレジャーファームの張清来氏、第四・五期理事長に大坑レジャーファームの蔡澄文氏、第六・七期理事長に龍雲レジャーファームの鄧雅元氏、第八回理事長に千戸伝奇生態ファームの林典氏をリーダーとして迎え、行政院農業委員会と学術界・産業界の支持の下、それらをつなぐ架け橋として、レジャー農業発展の使命を担っています。

サービス認証

台湾-美しく熱情的な宝島。 牛の角は農業生産を意味する,黄金色は豊作を意味する;牛は勤勉で、よく働く代表で、台湾農村精神を象徴する。山林は自然生態を意味する,緑色はレジャーを意味する;山林は壮大な大自然の象徵で、レジャー産業の押しも押されもしない地位を意味する。農夫は生命を意味する,赤色は情熱を意味する;農民は最も情熱的、親切な態度で、遠くから来た訪問客を歓迎する。水流は農村生活を意味する,青色は永遠を意味する;水は自然生命をはぐくむ源で、農場が豊富な生態資源を持っていることを意味し、観光客に探索と体験を提供する。

ツーリストマップ

台湾レジャーファームには、自然生態環境、健康増進のグル メ、興味深い体験、そして快適な宿泊が勢揃い。幸せ以上 の体験が楽しめる旅になることでしょう!

フルーツ旅行

フルーツの種類が豊富であるだけでなく 四季を通じて、フレッシュで美味しいフルーツを食べることができるのです。 台湾に遊びに来たなら、季節のフルーツ狩り体験の、すてきなチャンスを逃す手はありません。 台湾に来て、一緒に台湾のフルーツからの幸せと健康、美味しさを楽しみましょう!

TOP